野の花司茶房野の花/スペース司野の花教室野草の庭OnlineShoppingブログ 野の花日記
茶房野の花メニュースペース司催し物案内お取り扱い商品・作家紹介
 
スペース司 過去の展示
 
 2010
■司のクリスマス・正月迎え展
11月 30(火)〜12月 25日(土)
お正月飾りはもとより、お正月用食器、花器、アクセサリー、ポチ袋などなど、司でおなじみの作家たちに依頼し、作ってもらいます。期間が長いので、新しいものが順次並びます。
   
■伊奈翠陽展
11月 23(火)〜11月 29日(月)

今回のテーマは 「暮らしのなかの書」 です。来春の干支の 「卯」 に因んで、祝箸・掛軸・色紙・短冊等を筆に乗せて表現してみました。慌ただしい日常の中、ほんのひとときでも ‘ほっ’ として頂けたらと思います。

   
■坂本俊子 ガラス個展
11月 15(月)〜11月 21日(日)
吹き、バーナー、エナメル絵付けなどのガラス技法です。自然・日々の生活から心に留まったものをガラスに映しこめたつもりです。皆様に見て頂き何かを感じていただければ幸いです。
   
■高倉瑤子 野の花原画展
11月 5(金)〜11月 14日(日)
野の花 司で毎年好評販売しているカレンダー「野の花 暦」の 作者であり、司の教室で教える高倉氏の展覧会です。今年は野の花額入り水彩画、秋の小さな植物画(ハガキサイズ)に加え、プレゼントにもよい来年の干支柄の扇子も販売します。三原色のみで描きあげた野の花を愉しみにお出かけください。
   
■『take一匠 三浦伸之』 花籠と竹の灯り展
10月29(金)〜11月 4日(木)
竹芸を志し今年、節目の10年。自身野の花司さんのお店構えと,四季折々の素朴な空気感とお花が大好きです。今回は愛らしい野の花をいけていただき、 私自身が編み、 組みあげた花籠にいくつかの照明を添えて展示いたします。我流で試行錯誤の日々の中から生まれてきたモノ達です。心のままご堪能いただければれ幸いです。
   
■須藤吉徳 銅の花器展
10月 15(金)〜10月 28日(木)
一つの器で二通りの楽しみ方をそなえた花入れ-今年の新作 です。シャープなフォルムが美しい須藤氏の意欲的な作品が並びます。銅の花器は少ない水でも銅の持つ殺菌作用の為、花を長持ちさせ、枯れるまで生け替えの必要がないものです。野の花を生けて展示いたします。器に生かされる野の花の魅力もごらんください。
   
■柊木慶 日本刺繍『キアラ展』
10月 8(金)〜10月 14日(木)
今回のテーマは『キアラ展』と致しました。“キアラ”とはイタリア語で、その意味は「輝けるもの・・・」と伺いました。とんぼ玉の作家大江氏とのコラボレーションが実現した時、テーマが決まりました。小さなとんぼ玉の輝きをご堪能くださいませ。又、柊の方は絹糸の生きた光沢を小道にそっと咲く小さな花に重ねてみました。風も感じて頂けたら嬉しく存じます。  四條
   
茶房野の花  [営業時間] 11:00〜18:00(L.O.17:30)/日曜・祭日11:30〜18:00
[住所] 〒104-0061 東京都中央区銀座3-7-21(野の花司2F) (To location map→)
[お問い合わせ] TEL 03-5250-9025
All Copyrights Reserved 2011  野の花 司